fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'81y ショベルFXWG 車体完成。

車体が完成してもイロイロ出てくる訳で。

IMG_3437.jpeg


先ずは本日届いたスロットルケーブルをセットします。押し側と引き側を入手しましたが、この車両に付いていたスロットルパイプは引き側だけのシングル仕様のものでしたので、取り敢えず引き側だけセット。

IMG_3430.jpeg

今日も数回ヒートサイクルを行い、問題無い感じなので外装を付けます。

IMG_3433.jpeg

IMG_3434.jpeg

外装が付くと仕上がった感、はありますよね。

IMG_3435.jpeg

クラッチケーブルを交換したのでクラッチ調整。何度かシフトしてみましたがニュートラルが出難い。調整が甘いだけなら良いのですが、シフトリンケージのアソビが大きくガタガタなので、余計に入り難いのだと思います。

ミッションオイルは未だチェックしてませんが、他のギアも入りが渋いので、高性能なオイルを入れるなどして少しでもシフトフィールを改善すべきだと思います。

IMG_3436.jpeg

この車両はフロントサスを2インチオーバーにしているのでキックスタンドだとかなり傾きます。で、キャブレターの油面を少し下げました。

しかし、傾いた状態でアイドリングさせているとキャブレターがオーバーフロー?するようになり、以前から症状のあった腰下+プライマリー側からのオイル漏れが再発。以前も相当漏れていましたが、R/Pの100%化学合成オイルが原因で更に漏れるようになったのであれば、残念ながら鉱物油に戻す必要があります。

腰上は現代の材質で作られたガスケットを用いて組み直していますから100%化学合成油対応です。しかし、腰下は古いままですので、もともと漏れていると更に悪化する事が稀にあります。こればかりはオイルを使ってみないと分からないところですので、もう少し様子見の時間が必要です。

IMG_3439.jpeg

キャブレターからガソリンが垂れて車体を伝い、漏れているオイルと混ざって床に落ちています。ですので漏れている正確な場所と量が、今は把握出来ていません。

キャブレターのチェックバルブからのオーバーフローではなく、フロートボウルの合わせ目から漏れているようです。どうやら交換したOリングが良くないような気がしますので、別のメーカーのものを使ってみたいと思います。

IMG_3440.jpeg

あと現時点ではケイヒンバタフライ用のキャブサポートがありません。ウチにあったものでは形状が合いませんでしたのでこれも手配しないと。。

IMG_3446.jpeg

此方も続きます。

IMG_3450.jpeg

オマケの画像は此方↓

今日は用事があったのでWK!さんへお邪魔致しました。で、業者様にご依頼されていた3本の”ボンネビルスペシャルスイングアーム”がほぼ出来上がっていました。

IMG_3441.jpeg

こちらはFXR用のスペシャルオーダー品。リアショックマウントブロックをマルチホール化。ヘアライン仕上げで左右チタンエンブレム仕様となります。

IMG_3442.jpeg

あとの2本はTC88ダイナ用。

IMG_3443.jpeg

2本共黒にパウダーコートするので、これからパウダーコート屋さんへ送ります。暫しお待ちください。

IMG_3445.jpeg

マルマス・ボンネビルSPLスイングアームは常時オーダーを受付しています。毎月コンスタントにご注文を頂いておりますが、製作に2ヶ月前後お時間を頂いております。ご入用の際は早めに注文を頂ければ、と思います。

IMG_3444.jpeg

XL250Sも火入れしたいのですが、、、なかなか手が回りません。

IMG_3432.jpeg
関連記事

| Shovel Head | 18:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT