fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'79y ショベルFLH ナラシ走行とキャブセッティング。

今日は寒いながらもスッキリと晴れ渡りました。

IMG_3232.jpeg


今日は朝イチからナラシがてらのテスト走行へ向かいます。

IMG_3230.jpeg

先ずは店の回りを走って様子見。調子は良さそうなので少し距離を走らせる事にします。

IMG_3231.jpeg

このFLHのファイナルは高速道路走行を念頭に置いてセッティングしているので一般道ではなかなか4速に入りません。3速で走らせても良いのですが、ナラシの距離を稼げないので4速で走らせられる流れの道路を選択。

名阪国道25号なら60-80km/hで走行出来るので、亀山から伊賀までを走行。店からだと片道30-35kmです。

IMG_3233.jpeg

晴れてはいますが今日の最高気温は7℃。走り続けていると寒さで辛くなります。伊賀SAで休憩しつつ、ニシン蕎麦を頂いて暖を取ります。鰊蕎麦は京都で有名ですが、京都発祥の食べ物なんでしょうかねぇ?

IMG_3234.jpeg

小一時間ほど走り続けて油温は60℃程度。ちょっと低いです。

IMG_3235.jpeg

一番暖かい午後の早い時間に急いで帰店。名阪国道の兜トンネルの上り勾配は結構急なのですが、4速でもグングン登る程エンジンはパワフル。3速パーシャル時に偶に”くしゃみ”する以外は問題無し。

IMG_3236.jpeg

店の近所に梅ではなくて桜が咲いている気がしたので、CBに乗り換え見に行きました。早咲きの桜なんですかね?もう季節は春なんですね、鈴鹿は相変わらず寒いですケド。。

しかし、1979年式のFLHを走らせた後に1976年式のCB750K6に乗っている訳ですけど、当時でもホンダ車は数十年先を歩んでいますよね。現代でもなんら問題なく極普通に走るCBは、やはり凄まじいものがある訳です。

IMG_3237.jpeg

先日交換したAPロッキードのブレーキマスターなんですが、当然ですがバッチリ止まります。ブレーキキャリパーを交換したり、ダブルディスク化するよりもブレーキマスター側を交換すれば事足りるのは、ハーレーも国産旧車も同じ。ニッシンのラジアルマスターに交換すれば更にタッチも良くなるのは目に見えておりますが、雰囲気的にちょっと合いませんよね。

IMG_3241.jpeg

そうこうしているとイロイロ届きました。ピレリーディアブロ・スーパーコルサV4 (SC1)です。定価だと前後で10万円位します。自分のボンネビルレーサーに履かせるタイヤです。180/55-ZR17から200/60-ZR17にサイズを変更しました。
タイヤ内部の空気容量を稼ぐ為です。

IMG_3242.jpeg

TERUに借りたCBX1000のサービスマニュアル。やはりサービスマニュアルが有るのと無いのでは大違い。

IMG_3248.jpeg

で、FLHを店に入れ、車体をチェック。

IMG_3243.jpeg

IMG_3244.jpeg

5番プラグでこの焼け具合。

IMG_3246.jpeg

丁度6番プラグが届いたので交換します。

IMG_3247.jpeg

因みに。今日は久しぶりにディアスキン製パンツで走ってました。やっぱり寒いものは寒い。。

IMG_3249.jpeg

次々セットを変えながら、ひたすら走らせてチェックします。

IMG_3252.jpeg

スロージェットは間違いなく薄いと思うので#68から#72に変更。ケイヒンバタフライのスロージェットはFCRと同じです。本当は#75まで上げたいのですが、一番手づつチェックします。

IMG_3253.jpeg

何度か走らせていて3速パーシャル時にクシャミが多い事には気がついていました。で、エアクリーナーがほぼ直キャブ状態なので、試しにテーピングして前から入ってくる空気を遮断してみました。

IMG_3254.jpeg

下側は空けてあります。

IMG_3255.jpeg

するとまぁ劇的にクシャミが無くなりました。低速トルクも増した気もします。いつも書きますが、吸気は適度な吸入抵抗による吸気スピード、エアクリーナーの容量は大きい程良い訳です。

IMG_3256.jpeg

元はこんな感じ。特にフロント側が空いてしまっているので不必要な”ラムエアー効果”が出てしまい、パーシャル時だと吸気速度が出ないので空気が吹き返すのだと思っています。

IMG_3257.jpeg

で、ゴム板で前面だけ塞いでみた図。笑

IMG_3259.jpeg

走らせてみましたが無駄な抵抗でした。このエアクリーナーは却下です。

IMG_3260.jpeg

IMG_3261.jpeg

6番プラグで走らせたにも関わらず、更にプラグは真っ白になっています。スローを変更してエンジンがスムーズに回るようになってきたので少し回したせいもありますが、それでもこれは極端です。エアクリーナーボックスがいい加減なモノだったので今は何がどう、とか言えない状況ですが、明日はもう一度ゼロからキャブセッティングです。(注:二次エアーは逐一チェックしています。)

IMG_3262.jpeg

で、マトモなエアクリーナーボックス容量のあるものを探しました。

IMG_3263.jpeg

S&Sティアドロップエアクリーナーの"CYCLE"ロゴです。まだこんなの持っていたんですね。これなら性能的には全く問題ありません。

IMG_3264.jpeg

なんとか週明け月曜日に納めたいのですが、、明日もまた続きます。

IMG_3265.jpeg

IMG_3266.jpeg
関連記事

| Shovel Head | 18:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT