fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'81y FXWG オイルライン・ハーネス引き直し等。

午後には雨が止みました。

IMG_3202.jpeg


先ずは超音波洗浄で汚れが入り込んでしまったプッシュロッドカバーを磨くところから始めます。

IMG_3198.jpeg

洗浄用タワシで擦ればあっという間に綺麗になります。

IMG_3201.jpeg

エンジントップハンガー。ここはサイズ違いの適当なワッシャーを数枚挟み込んであるだけでした。強度的にも弱いので交換します。

IMG_3204.jpeg

ワッシャーというよりは、既にスペーサーという類の厚みのあるものに交換。

IMG_3205.jpeg

ヘッド側スペーサーも厚みがバラバラだったので揃えました。まぁ〜正直処理が”大雑把”ですね。笑

IMG_3206.jpeg

バタフライキャブレターは上側のボルト穴がヘリサート。メトリックを打ち込んであったので上下で違うボルトになります。

IMG_3207.jpeg

オイルタンク下側のオイルホースを交換する為バッテリートレーやなんやら外します。

IMG_3209.jpeg

オイルタンクを外したかったのですが、プライマリーカバーまで外さないと抜けない気がします。仕方ないのでプライマリー側に出来るだけズラした状態で作業します。

IMG_3210.jpeg

なんとかアクセス出来そう。

IMG_3211.jpeg

オイルフィード、リターン、カムブリザー各ホースのクランプ配置が無茶苦茶なのでやり直しています。そうしないと綺麗にホースが並ばないのです。

IMG_3212.jpeg

オイルタンクがなんとなくグラグラするので気になったのですが、、

IMG_3213.jpeg

やっぱり千切れていました「ショベルあるある」。

IMG_3214.jpeg

強化タイプのマウントに交換。

IMG_3215.jpeg

バッテリートレーボルトがトルクスに変わっており、危うく舐めるところでした。ここは細目の強度ヘックスボルトが正解。バッテリートレー上側から回せるよう六角ボルトになっています。

IMG_3216.jpeg

この車両で入庫時から最も気になっていたのがこのシートポスト下のハーネス。ブレーキスイッチやプレッシャースイッチに繋がるメインハーネスと、レギュレター、点火の配線がエンジン側を通してあります。普通は熱的に厳しいエンジン側にハーネスを通す事はありませんので、誰かが知らずにここを通した事になります。

IMG_3217.jpeg

純正と全く同じに引き直しました。現在同時入庫しているショベルFLHは、もともとフルドレス+フルストック車両でしたのでハーネスの走らせ方も完全ノーマルになります。それと同じようにシートポストのT/M側に全て移動。マフラー側にはこうして何も無い状態が純正になります。
かなりスッキリするので、面倒ですがやり甲斐はあります。

因みに、ですが。この車両、メーターダッシュからシート下、リアエンドのハーネスに至るまで残念ながら配線メチャクチャです。まぁ今直す必要はありませんから、追い追い修理した方が良いんじゃないかなぁとは思います。

IMG_3218.jpeg

オイルタンク側のホースも上下が違っていたので修正。リターンホースの上にカムブリザーホースが重なるようにセットします。

IMG_3219.jpeg

そうすることにより画像のように2本のオイルホースが平行に並ぶ事になります。基本タイラップを使わなくても綺麗にカーブを描くようホースの長さを調整しますが、唯一一本だけタイラップを使いました。

タイラップを使わなくても問題は無いのですが、オイルタンク側のホースニップル角度で2本のホースがビシッ!と並ぶ事が出来ないから使っています。まぁバッテリーを装着すると見えない箇所なので、タイラップが無くても不自然ではありませんが、、、自分の性癖ですね。

IMG_3220.jpeg

オイルクーラーがあるので完全ストックの美しい配管にはなりませんが、、まぁ満足出来るレベルの仕上がり。

IMG_3221.jpeg

ボルトやナットも純正だとしても適応強度ボルトでないものは全て交換します。

IMG_3222.jpeg

T/Mサイドカバーのロングナット?これ何故か13mmなんです。クソです。笑

IMG_3223.jpeg

純正と同じ細目のナットに交換。一本だけキックアームが邪魔して抜けないので、交換するにはT/Mサイドカバーを外す必要があります。どうするかはオーナーさんに伺って決めます。

IMG_3224.jpeg

オイルホース配管はタイラップを使わず綺麗に配置したいので、5mm単位で切り詰めては弛み具合を確認します。そこまで拘るかどうかは作業者次第ですが、ハーネスの通し方やホースの繋ぎ方で、メカニックの手腕は間違いなく分かります。
ホンモノのレーシングカーなんて芸術的ですらありますから。


オーナーさんには分からなくても、同業者から見て”良い仕事だなぁ”と思って頂けるようであれば、修理屋冥利に尽きる、というものです。

IMG_3228.jpeg

IMG_3225.jpeg

さて、もう一息で完成です。

IMG_3227.jpeg

オマケの画像は此方↓

引越ししてからタイヤチェンジャーを掃除してませんでした。反省。

IMG_3199.jpeg

IMG_3200.jpeg

爪の部分は外して超音波洗浄。綺麗になりました。

IMG_3203.jpeg

道具は大事です。

IMG_3208.jpeg

※明日〜明後日、好天の場合はFLHのナラシ走行に出ている時間が御座います。ご了承下さい。
関連記事

| Shovel Head | 17:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT