fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'79y ショベルFLH 車体完成〜火入れ。

今日も一日中冷たい雨が降っていました。

IMG_2982.jpeg


部品が届くまでにFXWGを少々。FLHの火入れが終わったらワイグラも進めます。

IMG_2965.jpeg

IMG_2966.jpeg

IMG_2967.jpeg

部品が届きました。注文翌日の午前中に必ず届くのは有り難いです。

IMG_2968.jpeg

IMG_2969.jpeg

プッシュロッドはアジャスト時にどうしてもネジ山部分に微細な傷を付けてしまいます。ですので一度分解してナットで攫っておきます。またスムーズに回転するようスレッドコンパウンドもスプレーしておきます。

IMG_2970.jpeg

でアジャスト開始。

IMG_2971.jpeg

IMG_2972.jpeg

IMG_2973.jpeg

トップエンドを分解した際、プッシュロッドのネジ山部分の長さを計測しておけば、大凡のところまで一気に伸ばせます。そうすれば時間短縮にも繋がります。

IMG_2974.jpeg

アジャスト完了。

IMG_2975.jpeg

スパークプラグを抜いてひたすら空キックを踏みます。オイルタンクにリターンするオイルのエアー噛みが抜けるまでひたすら蹴ります。

IMG_2976.jpeg

これで火入れする準備が整いました。当方の場合、極初期の異音を見極める為、最初の火入れはガソリンタンクは装着せず点滴式で始動します。タンクを付けると微細なノイズが聞こえなくなります。

スパークプラグを抜いたままセルスタートするとセルが止まらなくなるので、マイナスアースを指で押さえてクランキングを何度か行います。その後スパークプラグをセットして火を入れる訳ですが、どの車両でも緊張する瞬間です。こればかりは何年この仕事をやっていても慣れる事はありませんね。

IMG_2977.jpeg

インスタの動画の通り無事火が入りました。キャブレターのミクスチャーだけ調整して、ロッカーカバーがほんのり暖かくなったところでエンジンストップ。

初期は各部品にアタリが付いていない為どうしても熱を持つ事が多いです。なのでエンジンを切ってもどんどん温度が上がるので、最初の火入れでは3分以下を心がけています。※ショベルヘッドの場合。

またケースブリザー車の場合、初期の火入れではブリザーからオイルを吹く事が多いです。壊れている訳ではなく(笑)それには理由があるのですが、オーナーさんらには説明しています。

IMG_2978.jpeg

問題無さそうなのでガソリンタンクをセットします。

IMG_2980.jpeg

車体完成。

IMG_2981.jpeg

しかしエンジン仕事はここからが正念場。走らせるまでに停止したままで行う”初期のアタリ付け”と、実際走行しながら徐々に馴染ませていく”初期のナラシ走行”です。どんなにキチンとエンジンが組み上がったとしても、ここを失敗すると将来的にガチャガチャな五月蝿いエンジンになってしまいます。

ツインカム以降の車両なら兎も角、このステップを踏むのはオーナーさんでは絶対に無理なので必ず店側が行わなければならない作業です。ピストンやリングが落ち着いたら、ようやくオーナーさんにバトンタッチしてナラシを続けて頂きます。

IMG_2983.jpeg

続きます。

IMG_2984.jpeg
関連記事

| Shovel Head | 17:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT