fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'79y FLH / '81y FXWG トップエンド作業〜其の参。

夕方になってようやく晴れ間が覗きました。

IMG_2921.jpeg


昨日注文しておいたSSTが午前中に届きました。早速使ってみます。

IMG_2898.jpeg

瞬殺でスパイラルリングを嵌める事が出来ました。ピストンにもリングにも一切ダメージは及びません。こんな便利な道具ならもっと早く買うべきでした、、、

IMG_2899.jpeg

FXWGのカムシールも一緒に届いたのですが、S&S製だと外径が違っているという、、仕方ないのでJAMESで組み直しました。

IMG_2900.jpeg

IMG_2901.jpeg

カム室のボトム部分、丁度オイルポンプギアの下側には鉛色のスラッジみたいなものが大量に積もってました。

IMG_2902.jpeg

で、クリーニングしてからカムカバーをセット。

IMG_2903.jpeg

一晩置いてからカム室に直接オイルを垂らすので、ここでストップ。

IMG_2904.jpeg

続いてショベルFLH。

IMG_2905.jpeg

ピストンにリングをセットしてリングエンド方向を調整。ショベルヘッドの場合、エンジン組み上げ後の初期コールドスタート時を考慮して、粘度の高い”ウルトラスリック”のアッセンブリルーブを使います。中身はオメガですけどね。

ツインカム以降のハーレーや、国産旧車ではクリアランスの事も踏まえ、粘度の低いルーブを使っています。

IMG_2906.jpeg

ショベルの場合、何故かピストンピンのクリアランスがタイトなのでヒートガンで軽く炙ります。

IMG_2907.jpeg

で、ピストンピンインストーラーでコンロッドにセット。

IMG_2908.jpeg

前後のピストンが付きました。

IMG_2909.jpeg

シリンダーをセットします。

IMG_2910.jpeg

壊れたピストンリングコンプレッサーしか見当たらなかったのでタイラップで縛って使います。買い直したリングコンプレッサーは引越しで未だ行方不明になってます。。

IMG_2911.jpeg

因みにショベルヘッドの組み付けにはデジタルのトルクレンチを使います。というのもショベルの場合、母材が傷んでいて規定トルク手前で止めておく事が稀にあります。その際デジタル式だと締め付け途中のトルクもリアルタイムに表示される為、他の箇所も、控えめに締めたトルクと全く同じに締める事が可能だからです。

また画像の”首振り”タイプだと、厄介なショベルのボルト位置でも、クラッチケーブルやシフターリンケージなどを避けながら締める事が可能です。


なんでも道具次第です。笑

IMG_2912.jpeg

前後シリンダーがセット出来ました。此処迄くるとようやく一山越えた感があります。

IMG_2914.jpeg

IMG_2915.jpeg

シリンダーヘッド取付ボルト穴にはヘリサートが入っています。熱でカジらないようにスレッドコンパウンドを予めスプレー。

IMG_2916.jpeg

IMG_2917.jpeg

一服。

IMG_2918.jpeg

これはヘッドボルトですが、左が洗浄前、右が超音波洗浄後。その差歴然。

IMG_2919.jpeg

ボルト側にもスレッドコンパウドを塗っておきます。

IMG_2920.jpeg

序でに細々した部品も洗いました。

IMG_2922.jpeg

FLHはもう一息。頑張って仕上げます。

IMG_2923.jpeg
関連記事

| Shovel Head | 18:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT