fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'79y FLH / '81y FXWG トップエンド作業〜其の弐。

昨夜からずっと雨が降り続いています。いい加減嫌になります。

IMG_2810.jpeg


作業効率を考えて、現在2台のショベルヘッドの作業をほぼ同時に行っています。しかし、FLHは車体回りの作業が無い分、FXWGよりも早く仕上がると思います。よってFLHを今月中に完成させるべく最優先で進めます。

IMG_2795.jpeg

FLHのロッカーを組みます。まずは規定トルクで仮組みしてロッカーアームのエンドプレイを計測。
ロッカーアームに圧入されているブッシングについては規定値内で収まっていれば敢えて触りません。

IMG_2796.jpeg

エンドプレイはロッカーシャフトのこの部分にシムを入れて調整します。

IMG_2797.jpeg

ショベルヘッドの場合、消耗部品は100%社外品に頼る事になります。メーカーを問わなければ星の数ほど部品はありますが、ゴミ同然の”糞パーツ”も正直多々あります。

当店ではクオリティが高く、考え抜かれたパーツをリリースする、バルカンE/G製を使います。当然ながら100% MADE IN U.S.Aです.。

相当にマニアックな部品も造っているので多分ショベルヘッドの熱狂的なファンである事は間違いないと思いますので(笑)、非常に信頼出来ます。

IMG_2798.jpeg

IMG_2799.jpeg

ロッカーASSY完成。

IMG_2801.jpeg

補器類は汚れたまま超音波洗浄機を使ってクリーニングします。

IMG_2800.jpeg

無闇に洗浄槽を汚したく無いので、F/Rそれぞれの部品を瓶に入れて洗浄。洗浄途中でも瓶毎シェイク出来るのでこれが一番高効率。

IMG_2802.jpeg

汚れと油分がさっぱり落ちてスッキリ。

IMG_2804.jpeg

FXWGのロッカー回りも二階倉庫から下ろしました。外しただけの未洗浄なので汚れたまま。

IMG_2806.jpeg

ロッカーボックスのナットはバルカンE/G製のフランジナットに交換します。

純正は普通のナットとワッシャーなのですが、ワッシャーは厚みが薄いので閉めると凹みますし、普通のナットでは面圧がかからないので緩んだり、ロッカーカバーの母材が痩せて締付トルク不足に陥り結局ロッカーカバーガスケットからオイルが漏れます。

強く閉めると母材が痛みますし、ここは適正な面圧の確保と多めのロックタイトで仕上げるべき箇所だと思います。

※ショベルのロッカーカバーガスケットは液状ガスケットを塗らない、というショップさんもいらっしゃると思いますが、経験上必ず漏れるようになるので当方は敢えて使います。

IMG_2807.jpeg

IMG_2808.jpeg

リア側のロッカーボックスとヘッドを合体しました。ロッカーナットは指示順通りに何度も小分けして締め、締付トルクは最大値ではなく個々のヘッドの状況に応じたトルクを選択して締めます。
規定トルク内でも母材のネジ山が痛んでいてヘリサートが必要になるのはショベルではよくある事です。

IMG_2815.jpeg

IMG_2811.jpeg

作業している合間にもFXWGの部品も洗浄。放っておいて綺麗になるので本当に助かります。

IMG_2812.jpeg

FLHのヘッドが完成。ショベルヘッドの場合は車体から外した状態でここまで組みますので”積み木”みたいで楽しいですよね。

IMG_2813.jpeg

お値段以上の活躍ぶり。もう超音波洗浄機無しでの作業は考えられません。

IMG_2816.jpeg

続きます。

IMG_2814.jpeg
関連記事

| Shovel Head | 17:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT