fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ケイヒン・バタフライキャブレターのO/H。

暖かかったのですが、どんより曇り空の1日でした。

IMG_2726.jpeg


今日から2台のショベルヘッドの作業。シリンダーヘッドを組むかキャブレターをO/Hするか迷いましたが、先ずはキャブレター。

IMG_2721.jpeg

IMG_2722.jpeg

IMG_2723.jpeg

IMG_2724.jpeg

FLH、FXWG共にH-D純正のケイヒンバタフライを使用します。FXWGは入庫時サンダースライド付きのBキャブでしたが、街乗りのショベルにサンスラは意味が無いので使いません。

IMG_2725.jpeg

此方はFLHに装着してあったキャブレター。走行距離相応の汚れ方は兎も角、今まで実働ですから内部に問題はありません。

IMG_2727.jpeg

固着したガスケットを剥がします。O/Hキットは明日オーナーさんが持参してくれる予定。

IMG_2728.jpeg

キャブボディ内部は煤けて真っ黒。これでも普通に走っている訳ですからハーレーはいい加減なモノ。笑
日本車でこうなっているキャブを見たことがありませんが、バタフライ故?

IMG_2729.jpeg

超音波洗浄機でクリーニングします。

IMG_2730.jpeg

でこっちがFXWGで使うバタフライ。FLHのものとは年式が違うので若干ボディ形状が異なります。使っていなかったキャブなのであまり状態は良くありません。

IMG_2733.jpeg

ミクスチャースクリューはざっくり削ってあります。粗い。笑

IMG_2734.jpeg

所詮手ヤスリですが、修正しておきました。

IMG_2735.jpeg

何度か洗浄を繰り返すと洗浄液は真っ黒け。漬け込んだキャブレターが見えません。

IMG_2736.jpeg

でこれがほぼほぼ洗浄を終えたFLHのキャブレター。各ポートの隅々まで洗浄されています。

IMG_2737.jpeg

スロットルリンケージやスプリングといったスチール製のメッキ部品はかなり綺麗になります。ただ鋳造アルミの部品は洗浄を繰り返す程”色ムラ”が出ます。強力過ぎて表面が侵されているのかもしれませんね。

ググってみた結果は↓

汚れが蓄積されたり細かな傷のついた経年劣化のある部品などは洗浄される部分にムラができてしまうこともあります。

またこんな記載も↓

超音波を照射すると、液中に周波数に応じた『定在波』が生じます。λ/2の整数倍ごとに汚れの良く落ちるところが発生します。(λは1波長)
汚れが落ちる一方で、ワークにダメージを与えてしまう可能性もあります。定在波の影響をより少なくするため、ワークの揺動や多周波発振なども考慮します。汚れの落ちやすさとワークへ与えるダメージをバランスよく見極める必要があります。


漬け込んで放っておくだけではなく、動かしたりした方が良い、という事ですねぇ。

IMG_2738.jpeg

汚れたので洗浄液を入れ替えます。

IMG_2739.jpeg

少しでもムラが落ち着かないか、洗浄液を変えて再挑戦中。

IMG_2740.jpeg
関連記事

| Shovel Head | 17:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT