fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'81y FXWG / '79y CBX1000 キャブレターO/H。

今日も穏やかに晴れました。

IMG_1781.jpeg



先ずはショベルFXワイドグライドから。表に出してエンジン回りをガソリンスチーム。

IMG_1757.jpeg

これからカムとタペット回りを分解し、その後オイルラインを全て引き直す為、出来る限りエンジンやT/M外観を綺麗にしておきます。どんなショベルも下回りは漏れたオイルで酷いことになっている事がほとんどですのでこの作業はマスト。

IMG_1758.jpeg

洗浄後ピストンを外しました。驚く事に純正ピストンで、それもSTDサイズ。新車からのものだと思います。オーナーさんがいらっしゃったので記念に持って帰って頂きました。
なおピストンピンはCクリップ止めでした。純正でもスパイラルリングではなく、Cクリップ時代があったとは知りませんでした。

IMG_1759.jpeg

T/Mケース裏側やスイングアームピポット周辺もすっかり綺麗になりました。これなら何処かからオイルリークしても比較的原因追求が安易だと思います。

IMG_1760.jpeg

ショベルFXWGは此処迄で、次はCBX1000。昨日外しておいたキャブレターをオーバーホールします。

IMG_1761.jpeg

その前に洗浄用トレーに放置してあったFLHのロッカーアームをジップロックに保存。長期保管する際は錆びるのでオイル分は拭き取らずそのままです。作業再開時に改めて洗浄します。

IMG_1762.jpeg

で、トレー洗浄。

IMG_1763.jpeg

先ずはキャブボディ外観をブラシでざっくり洗浄。

IMG_1764.jpeg

その後はやはりガソリンスチームで徹底的に洗います。

IMG_1767.jpeg

途中、倉庫側サッシの鍵穴が壊れているのが気になり修理。この付近は毎晩風が強い日が多いので隙間風が酷いのです。ネジ山が壊れていたのでドリルで揉んで再タップ、ヘリサートを打ち込みました。こんな事をやってる暇は無いのですが、、

IMG_1768.jpeg

でようやくフロートボウルが外せます。思った通り比較的綺麗な状態です。長期保管中もガソリンは腐っていなかったようです。6気筒なのでフロートボウルのネジだけでも18本という、、締め過ぎておりインパクトドライバーで外しました。

IMG_1769.jpeg

IMG_1770.jpeg

IMG_1773.jpeg

なんかジェットの番手が変だと思ったら、メインとセカンダリージェットがあるのですね。知らなかったです。

IMG_1774.jpeg

部品点数は多いのですが、なんてことはない負圧キャブレターなので構造は単純です。

IMG_1777.jpeg

バキュームラバー無しで、アルミの削り出し部品だけで機密性を保っている構造。素晴らしい精度です。流石はホンダさんですね。

IMG_1778.jpeg

全バラ完了。各ジェットやホルダは年式相応に遣れているので内部パーツは新品交換する事になりました。キースターさんで6気筒分で27,000円!でした。

IMG_1779.jpeg

キャブレターは全体的に程度が良いので個々のキャブボディを割る必要性は無いと思います。ですのでこれ以上は分解しません。各ポートにブレーキクリーナーは通しましたが、エンジンコンディショナーでトドメを刺せばOKなんじゃないかと思います。

IMG_1780.jpeg

そんな感じで本日も終了です。

IMG_1782.jpeg
関連記事

| Shovel Head | 17:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT