fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'70y CB750K0 スタータークラッチ修理。

明日は天気は下り坂みたいです。

IMG_1223.jpeg


本日はK0の続きです。先ずはスタータークラッチを修理します。

IMG_1211.jpeg

IMG_1212.jpeg

オルタネーターカバーを外す際、エンジンガードが邪魔になるので外します。シリンダーベース辺りからかオイルが結構漏れています。

IMG_1213.jpeg

シフターカバーも邪魔になるので外します。

IMG_1214.jpeg

昨日届いていたスタータークラッチプーラーを使ってスタータークラッチを外します。ネジ部分にはアンチシーズを忘れずに。

IMG_1215.jpeg

IMG_1216.jpeg

何でも道具次第。無理なく簡単に外せます。

IMG_1217.jpeg

IMG_1218.jpeg

画像ではテーパーボルト3本を外してしまっておりますが、外さずに作業は可能です。

IMG_1219.jpeg

これだけの部品を交換します。

IMG_1220.jpeg

ロックタイトの赤を塗付してインパクトドライバーで締め付けます。ロックタイトを併用しているのでポンチマークで回り止めは敢えてしません。

IMG_1221.jpeg

スターターリングギアが一方向にしか回転しないのを確認してから組みます。このワンウェイ機構、非常に単純ですが考えた方は素晴らしい。ハーレーにもこの構造があればリングギアが壊れるというトラブルは無くなるのですが。

IMG_1222.jpeg

当たり前ですがプラスネジでもトルクレンチは使います。あとハーレーに習ってロックタイトを併用する場合が多いです。日本車ならアンチシーズで組むのも”アリ”だとは思うのですが、どうしても振動を考えるとロックタイトを使ってしまいます。

IMG_1224.jpeg

焼けたオイルで汚れていたシフター機構は軽く洗浄。

IMG_1225.jpeg

T/Mサイドカバーのトップボルト部分に、残念ながらクラックが入っています。内側には貫通していない箇所なのでオイルは漏れない筈です。ネジ山はしっかり効いているので変な加工はしません。

IMG_1226.jpeg

スタータークラッチ修理完了。

IMG_1227.jpeg

IMG_1228.jpeg

クラッチ側はクラッチカバーを組んでいなかったので組みました。で、クラッチ調整。しっとりと重くなり、調整後は節度ある握り具合となりました。キレも良さそうな感じです。

IMG_1229.jpeg

エンジン右側も完成。タイマーカバーを旋盤で逃し加工しようと思ったのですが、当店の精密旋盤では部品が掴めず。仕方ないので別のカバーを取り敢えず付けました。

IMG_1230.jpeg

無番マフラーをセット。4本出しマフラーは少し面倒です。

IMG_1231.jpeg

エンジンオイルを入れてスターターをチェック。スリップも直ってバッチリです。
あとはウオタニのコントローラーを何処かに取付して配線を繋いだら車体側の作業は完了。あとはひたすら走らせてのキャブレターセッティングとなります。

IMG_1232.jpeg

明日はお休みを頂きます。

IMG_1234.jpeg
関連記事

| Metric Bikes (JAPAN) | 17:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT