fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'87y S&S XLH1200 クラッチリカバリー。

まぁ素直には終わらない訳で。

IMG_1048.jpeg


今日も何度かコンプレッションリリースを使っての始動を確認したので、表に脱して暖気運転。
走る装備を身につけて、いざシフトしようかとクラッチレバーを握り込むと凄まじい振動が手に伝わります。
そのまま更に握り込むとエンストしたので、明らかにクラッチがレリーズハウジングに干渉しています。

静態でのシフトチェンジは確認していたものの、エンジンを始動してのチェックを忘れていました。なんという失態。

IMG_1049.jpeg

もう一度冷静になってノーマルクラッチを見てみると、ハブの部分が大きく凹んでおり、アウタープライマリーカバー内側に飛び出たレリーズとのクリアラアンスを確保しているのが分かります。

IMG_1050.jpeg

開けてみればご覧の通りの有様。バーネットの場合コイルスプリングを使っている以上、ハブ部分を深く掘り下げる事が出来ないのでどうしても干渉するようです。以前は干渉しながら無理矢理乗っていた訳ですが、今回ジッパーズの強化トラップドアに交換してドア自体の厚みが増した為、数値的にはいくつなのか分かりませんが、若干外側にオフセットしている可能性が高いです(何処かで辻褄は合わせてあると思いますが)。

バーネットのスプリングカラーはクリアランスを確保する為極力薄く作ってあります。よって、ノーマルトラップドアのままだとしても、そのまま乗っていたらどこかのタイミングでカラーが破断、スプリングが飛び出してクラッチ操作が出来なくなって走行不能、というパターンに陥っていたのは間違いないです。

この部品をインストールしたのは他店様ですが、ロングに走るお客さんですのでそのあたりも踏まえてパーツを吟味するべきだと思います。なんでも強化品のアフターパーツを入れれば良い、というものでは無いと思いますし、ましてやぶっ飛ばしたりドラッグスリップで走る訳ではないので。


まぁこれは因みに、ですが、当店ではバーネットはイマイチ信頼していないのでプリモ(現行だとプリマ?)しか使いません。多分4速XL用はラインナップが無いと思いますけど。部品が壊れたのならストックで修理するべきだったと思います。

IMG_1051.jpeg

レリーズのボルトヘッドも削れてしまっています。

IMG_1052.jpeg

この車両には足りない純正部品が多いので、他のお客様の部品から拝借してストックで組み直しました。まぁ今回は何十回クラッチバスケットを組み直した事か、、、

IMG_1053.jpeg

IMG_1054.jpeg

ざくっと仮組して動作チェック。クラッチも切れて問題なくシフトも出来るようになりました。

IMG_1055.jpeg

あとは注文しておいたパーツが届くのを待つだけです。

IMG_1056.jpeg
関連記事

| Sport Ster | 17:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT