fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

KENNY BOYCE Pro Street TC103 FXR / '82y DR250S。

夕方から激しい雷雨に見舞われました。

IMG_0247.jpeg


毎日火入れするようにしているCBX1000。本日は5000-6000rpmまで回してみましたが、相変わらず始動性は悪くアイドリングもしません。キャブレターをO/Hすれば一発で解決するような気もします。
長期不動だったから、だけの理由であれば良いのですが、オイルスモークが半端ないです。

IMG_0246.jpeg

ご近所の外注さんにお願いしてあったコンプレッションリリース用治具が出来上がった、との連絡がありました。で、急いで引き取り。

IMG_0247.jpeg

試しにXLヘッドに加工してみましたが、シリンダーヘッドのフィン溝が深過ぎてリリース座面を形成出来ていません。このままザグリカッターで掘ってしまうと燃焼室に貫通します。別の方法での追加工が必要です。

IMG_0248.jpeg

そんな訳で本日はケニーボイスTC103-FXRを進めます。

IMG_0249.jpeg

ブレーキローターボルトはH-D純正のクロームボルトを使います。

IMG_0250.jpeg

キャリパーサポートのオフセットを調整します。

IMG_0251.jpeg

IMG_0252.jpeg

ブレーキ側、キャリパーサポートの内側は純正スチールカラーを加工して使います。10.0mmプラス公差としました。

IMG_0253.jpeg

その他のアクスルシャフトスペーサーはアルミです。

IMG_0254.jpeg

IMG_0255.jpeg

JMCスイングアームはエキセントリックアジャスターなのでカラー調整が少し面倒ですが、一度決めてしまえばもう弄ることはない筈です。トルクロッドは長いものが必要になるのでまた後日製作。

IMG_0256.jpeg

IMG_0258.jpeg

休憩。K4は放置、、、

IMG_0259.jpeg

実は赤い方のDR250Sは”売約済み”となりました。今週日曜日に富山県まで納車に伺う予定でいます。

何度か走らせてはいるのですが、バッテリーの充電が弱いし、インジケーターランプも変な動作をするようになったのでレギュレターが逝きかけているのでは??と思います。その先のステーターコイルだとちょっとマズイのですが、取り敢えず社外レギュレターを手配してあるので分解します。

IMG_0260.jpeg

レギュレターはバッテリートレー前方に取り付けされています。新車から一度も交換されていないと思いますので壊れて当然と言えば当然です。

IMG_0265.jpeg

SJ41Aと同じレギュレターは入手出来ませんでしたが、このモデルよりかなり後期のSJ45A互換の日本製のものが入手出来ました。配線をやり直して装着します。

IMG_0267.jpeg

明日のレギュレター待ち。

IMG_0266.jpeg

オマケの画像は此方↓

SL250Sにはクラッチ・ブレーキレバー共にゴム製のダストカバーが装着されています。しかし純正部品は廃番で、当時モノでは劣化が酷く直ぐにヒビ割れてしまいます。
で、どうしたものかと考えていたら、わざわざ型を起こして再生産している方がいらっしゃるのを見つけました。

IMG_0261.jpeg

しっかりした金型を起こしていらっしゃるようで、ゴム製品にも関わらずピッタリフィット。素晴らしい仕上がり。

IMG_0262.jpeg

ここまでオリジナル度が高いフルレストア車両であれば、こんな些細な部品も無くては”片手落ち”。自己満足度が上がりました。笑
レバーのみ当時のマグラ製パワーレバーなのですが、ここは当方の個人的な好みでそのままとしています。

IMG_0263.jpeg
関連記事

| FXR on T/C | 18:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT