fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'79y CBX1000〜火入れ。

なんとか火が入りました。前途多難ですケド。

IMG_0158.jpeg


先ずは昨夜のネタから。インスタにはアップしましたが、紙のパーツリストを入手していない車両の場合、ネット上にある海外のサイトで部品番号を拾います。基本どんな車両でも純正のサービスマニュアルとパーツリストは入手するよう努めておりますが、CBXは間に合いませんでした。

IMG_0155.jpeg

紙に手書きで控えます。古典的ですが。
ホンダ車の場合、ブレーキ回りやネックやホイールのベアリングなど、重要部品はまず国内在庫があります。値段も決して高くなく妥当。当方が好んでホンダ車を仕入れするのは、部品の入手のし易さも理由のひとつ。

IMG_0156.jpeg

で、本日もCBXです。旧車のキャブレターは100%オーバーフローする訳ですが、ガソリンを入れる前にフューエルホースとオーバーフローホース双方から先ずはエアーを吹き込み、その後ブレーキブリーダーで吸い出します。
少しでもフロートバルブの固着が無くなるよう、まぁ気休めではありますが「御呪い」みたいなものです。
で、その後点滴でガソリン注入。

IMG_0157.jpeg

ガソリンは暫く流したままにしてキャブレターからオーバーフローが無いか、シリンダー側に流れこんでないかプラグを抜いてのクランキングでチェックします。その後各気筒のコンプレッションを計測する訳ですが、この手順を間違えると大変な事になる恐れもあるので慎重に行います。

IMG_0159.jpeg

1番120psi / 2番130psi / 3番100psi / 4番80psi / 5番120psi / 6番100psiと、4番がかなり低い値が出ましたが、エンジンを長期に渡り止めていた車両なのであくまで参考です。しかしこの値なら取り敢えずエンジンに火は入ります。

IMG_0160.jpeg

中古スパークプラグのまま始動を試みましたが、バッテリーパワーが弱くて始動出来ず、、

IMG_0164.jpeg

小一時間近所の谷をフラフラ散歩して、その間にバッテリーをチャージ。チョークを引いたまま長い長いクランキングでようやく火が入りエンジンが目覚めました。動画ではなんとかアイドリングしてますが、2番が失火してますし、キャブレターからはガソリンがダダ漏れ。。

IMG_0183.jpeg

店内は排気の煙で真っ白になるし、エキゾーストからは堆積していたカーボンが噴き出して床が煤まみれに。まぁ長期不動車では”お約束”です。

IMG_0185.jpeg

まぁ分かり切った事でしたが、やっぱりエンジンをズラしてキャブレターを外さないと駄目ですね。
しかしながら点火も問題ないし燈火類も正常、数十年眠っていた事を考えれば大凡順調じゃないかと思います。

IMG_0184.jpeg
関連記事

| Metric Bikes (JAPAN) | 17:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT