fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'91y FXDL クイック作業 / '81y XL250S。

本日先ずはクイックから。

IMG_9856.jpeg


3速〜4速あたりでシフトダウンが出来なくなった、と連絡を受け軽トラに積車してご来店頂きました。

1速、2速は問題無い、という事でしたので先ずはともあれ試乗。当初エボ5速T/Mの”泣き処”、シフタースプリングを疑ったのですが、普通スプリングが折れれば一切シフト出来なくなるので違います。1→2→3速とシフトアップして、そこから4速には入らず、シフトダウンも出来ない、というのを確認しました。

この感じはシフターアームのアジャストスクリューを調整している時の症状にそっくりなので、もしかして?と思いT/Mケースサイドのアジャストスクリューのロックナットを触ると、案の定緩んでいました、、

原因が分かればなんてことは無く、アジャストスクリューを再調整して、赤のロックタイトを多めに流し込んでロックナットを閉めたら修理完了。ご迷惑をお掛け致しました。

IMG_9855.jpeg

今日はFXDLの1次ドライブを外してT/Mアッシーを抜き取るところまで作業するつもりでしたので、予定より半日以上空いた時間が出来ました。
明日は'07y XL1200R(SE-StageⅣ)の入庫を控えている為、今日はXL250Sで”お茶を濁しておく”事にします。

IMG_9857.jpeg

IMG_9858.jpeg

ガソリンは綺麗だったし、キャブボディ外観も年式を考えれば程度良好。

IMG_9859.jpeg

ご覧の通りボディやリンケージに錆は一切無し。余程保管状態が良かったのだと思います。

IMG_9860.jpeg

マジックでマーキングしてありました。一度外している、という事です。

IMG_9861.jpeg

案の定全てが綺麗。念の為全てのポートにブレーキクリーナーを通してみましたが、問題はありませんでした。今回キャブレターの”煮込み作業”はありません。笑

IMG_9862.jpeg

で、元通りに戻します。

IMG_9863.jpeg

車体フレームやハーネス、コネクターなどをいつものようにクリーナーで磨きます。あと旧車ではコネクター内部に必ず接点復活剤をスプレーします。

IMG_9864.jpeg

コネクターの前方、フレームの左右にある小さい金属の箱がレギュレターとCDI。当然6Vです。

IMG_9865.jpeg

フレームやエアクリーナーボックスを磨きました。程度は上々。

IMG_9866.jpeg

ピストンやピストンリングに問題があり、そもそもコンプレッションが低い場合はオートデコンプが付いているとエンジンが始動出来ない可能性があります。加えて本来の圧縮が分かり難いので、デコンプワイヤーを一旦外しました。

IMG_9867.jpeg

デコンプワイヤーを外してキックスタートしてみましたが、あからさまに圧縮が弱い、、DRと比べても雲泥の軽さです。これはひょっとするとリングが駄目なのかも。

プラグホールからエンジンオイルを垂らしての始動チェックはしていませんが、もうひとつ気になるのがバックファイヤーを起こしているのでCDIの点火タイミングが狂っている可能性大。

腰上O/Hを考える前に、先ずはCDIユニットを入手して交換してみることが先決です。単気筒エンジンの腰上O/Hは簡単なので楽しい作業なのですが、どうせやるならO/Sピストンで組み直すので先ずはピストンの入手です。

IMG_9868.jpeg

今週末の日曜日も雨予報、、FXRのクイック作業が入っているのですが微妙です。週明け月曜は晴れマークなのですが。。

IMG_9854.jpeg
関連記事

| Big Twin | 18:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT