fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'81y FXWG / '81y XL250S 入庫。

急に寒くなりました。体調管理に気をつけて。

IMG_9711.jpeg


本日先ずはCBX1000。外装だけ外しておきます。

IMG_9706.jpeg

IMG_9707.jpeg

しかし、、やっぱり6気筒エンジンはデカイ。

IMG_9708.jpeg

IMG_9709.jpeg

暫くは必要無いので二階の空いてる部屋に保管。

IMG_9710.jpeg

で、午前中にショベルFXWGが入庫。現在のエンジン状況をチェックする為ご来店頂きました。

IMG_9711.jpeg

聴診器を当ててのチェックでは異音は皆無で、フライホイールも”芯”で回っている時に出る回転音が出ており調子は良さそうです。コンプレッションは前後共に同じ値でした。このエンジンは1981yですので圧縮比が7.4:1だと思いますから、ちょっとマイルド。年式相応に遣れていますので低めの値でしたが、今のところ始動性も良いので今直ぐ何か手立てを打たないと、というレベルではありません。

但しオイルはありとあらゆる箇所から漏れています。ロッカーカバーベース、シリンダーベース、カムシール、ほとんど全てです。

IMG_9712.jpeg

中でも最もマズイのはフロントバンク側のヘッドガスケット。抜けかけておりオイルが漏れています。ここは放置出来ない箇所ですので来月半ば以降で入庫して頂く事になりました。他にも全オイルラインを純正ホースで引き直し、社外のオイルクーラーやホーンなどを純正に戻す、カムベアリング交換などなど、エンジン以外の箇所も修正させて頂きます。

シリンダーヘッドやピストンやシリンダーをどうするかは開けてみた都合で判断しますが、取り敢えずは腰上は下ろす事となります。

IMG_9713.jpeg

一息。

IMG_9714.jpeg

で、午後に遥々青森から届いたのが此方。'81y XL250S。

IMG_9716.jpeg

IMG_9717.jpeg

ご覧の通り走行距離はなんと4000km。年式を考えればほぼ新車並みの距離ですが、ざっと車体をチェックした限りではどうやら偽りではなさそうです。

IMG_9718.jpeg

目立つダメージと言えばガソリンタンク左側が何かにぶつけてべっこり凹んでいるのですが、大きく凹んでいる為、デントリペアで楽に直せるパターンです。

軽く埃を払ってから車体クリーナーをスプレーして全体を小綺麗にしてから表で撮影。

IMG_9722.jpeg

IMG_9724.jpeg

IMG_9725.jpeg

完璧なオリジナル車両。シートのヘタリも皆無で破れも一切無し。ガソリンタンク内部も錆は無く、ガソリンも何故か腐っていませんでした。

IMG_9726.jpeg

この初期型XLはフロント23インチ、リア18インチの組み合わせとなります。当時「23インチのワークブーツ」というキャッチフレーズでした。笑 ダサ過ぎるフレーズも今となってはダサ格好良いのです。なお現在もこの23インチタイヤは入手出来ますが、1種類しかありません。

IMG_9727.jpeg

ビンテージモトクロスは 現在”VMX”と呼ばれており、隠れた人気です。特にモノショックになる以前のツインショックモデルは人気が高く、価格も高騰しています。

IMG_9728.jpeg

よく見るとオドメーターのノブが折れており回せませんでした。残念。

IMG_9729.jpeg

サイドカバーデカールは剥がれていますが、カバー自体に割れはありません。チェーンは要交換。スチール製リアスプロケットがほとんど錆びていないのは信じられません。

因みにXL250Sは1978年6月に発売開始されており3度の仕様変更を経ています。ウイングマークタンクデカール、赤フレーム+赤リアスプリングのこのモデルが最終型になります。以前のモデルはフレーム、スプリング共に黒ですのではっきりと見分けがつきます。

IMG_9730.jpeg

前後タイヤはヒビ割れも無く比較的新しいと思います、近年交換したようです。ブレーキドラムは真っ先に錆びる箇所ですが、年式を考慮すれば十分綺麗だと思います。ホイールは前後アルミリムとなります。

IMG_9731.jpeg

6Vバッテリーを入手し忘れていたので今日動作を確認する事は出来ませんでした。念の為キャブレターO/Hキットは入手してあるのですが、タンクに入っていたガソリンの様子から、素直に始動出来るんじゃないかと思っています。

なおこの車両にはキックアームに連動したデコンプ機能が標準装備されており(ホンダさんは天才的ですね!)絶えずキックが軽いのですが、クランキングは出来ますし、エンジンオイルもこれまた綺麗でした。

IMG_9732.jpeg

これが唯一問題の凹み。デントリペアするつもりです。

IMG_9733.jpeg

XL250Sはこれから整備して、比較的直ぐに乗り出せるようになりそうな気がします。ナンバー登録まで済ませたら販売致しますので、この手のビンテージオフロードが欲しい!と思っている方は是非検討を頂ければ幸いです。

※販売価格についてはお問い合わせ下さい。

IMG_9734.jpeg
関連記事

| Shovel Head | 17:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT