fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'90y FXR カム交換と整備〜エンジン完成。

今日は晴れました。

IMG_9156.jpeg


さてFXRの続きです。昨日注文したインナーカムベアリングが届いたので交換します。因みにS&Sが扱っているものです。

IMG_9157.jpeg

IMG_9158.jpeg

IMG_9159.jpeg

エボ(ショベルも同じ)はTCと違ってチェックしたり調整したりする箇所が多いです。

IMG_9160.jpeg

カムカバーのオイルシールに滲みはありませんでしたが、昔ながらのスチール製シングルリップでしたのでオールラバーのダブルリップに交換しておきます。このスチールのものは後で漏れると外すのが厄介ですから。

IMG_9161.jpeg

ダブルリップはJIMSが取り扱うものを使います。

IMG_9162.jpeg

IMG_9163.jpeg

こうしてカバーが外れている状態であれば交換は容易です。ま、SSTは必要ですが。

IMG_9164.jpeg

ピニオン、カム、ブリザーの各ギアのマークを合わせてセット。

IMG_9165.jpeg

カムカバーを閉じてしまう前にオイルポンプギアのCクリップが緩く無いか必ずチェック。ここが飛ぶと、即エンジンはブローします。

IMG_9166.jpeg

で、カバー装着完了。

IMG_9167.jpeg

続いてはタペット。エア抜きして一晩オイルに漬け込んであったタペットユニットをブロックに組みます。エボのオイルホールは”向かい合わせ”です。

IMG_9168.jpeg

タペットブロックセンタリングツール、というSSTを使ってタペットブロックの位置を決めてから締めます。まぁエボやショベルのエンジンを組んだ事のある方ならお馴染みの作業。

IMG_9169.jpeg

どの場所も”然り”なのですが、規定トルクをいかにして締めるか、何回に分けて、どの程度の時間で区切るのか?が最も重要になります。エンジンが壊れないにせよ、オイルを長期に渡り漏らさないよう組むにはそれ相応の技術が必要です。誰が組んでも同じには絶対にならないのがエボリューションまでのエンジンだと思います。

IMG_9170.jpeg

ボトムエンド完成。

IMG_9171.jpeg

ここで少し時間を置くので、その間に届いたジェットを使ってDRのキャブレターを組みました。

IMG_9172.jpeg

速攻で終了。

IMG_9173.jpeg

洗浄したロッカーベースを組んで搭載します。錆が出始めていたプッシュロッドカバーは磨き用タワシで磨いて錆を落としました。

IMG_9174.jpeg

で、エンジンが完成。またまた90yまでのケースブリザー用ロッカーカバーガスケットが欠品という、、ヘッドブリザー用のものは在庫してあったのですが。世の中そんなモノですね。

IMG_9175.jpeg

まぁエンジンは完成したので今日のところは良しとします。

IMG_9176.jpeg
関連記事

| FXR | 18:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT