fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モトグッツィV35イモラ / '79y ショベルFLH。

天気予報に反して今日は1日晴れました。

IMG_9061.jpeg


まずはモトグッツィ。最後にオイルプレッシャースイッチを交換します。

IMG_9051.jpeg

プレッシャースイッチは丁度Vバンクの真ん中にあるのですが、、

IMG_9052.jpeg

ガソリンタンクは兎も角、難儀なエアクリーナーボックスを外さないと工具が入りません。見えているだけに歯痒い位置。

IMG_9053.jpeg

そして外すと勝手にバラバラになってしまうエアクリーナーユニット、、本当にクソな設計です。笑

IMG_9054.jpeg

クリーナーボックスさえ外してしまえば交換は簡単。

IMG_9055.jpeg

あとは元通りに戻して作業完了。

IMG_9056.jpeg

IMG_9057.jpeg

で、最終チェックがてら椿大神社へ。

IMG_9058.jpeg

画像には写っていませんが、神社の鳥居の朱色と、グッチの朱色がマッチします。

IMG_9059.jpeg

IMG_9060.jpeg

キャブレター、ブレーキなど車体全てに問題無し。なかでも交換したオメガのT/Mオイルが良いシゴトをしており、随分シフトフィールが改善されました。これなら走らせていても辛くなり辛い。

IMG_9063.jpeg

これにて作業は全て終了。夕方オーナーさんに引き上げて頂きました。早急な引取誠に有難う御座います。

IMG_9067.jpeg

お次はショベルヘッド。そのまま流用する部品の汚れを落とします。まぁいつも思うのですが、何故にショベルヘッドはこんなに汚れてしまうのでしょうか?パンやナックルなら汚れ放題の方が格好良い気がしますが、中途半端に古いショベルはビカビカとは言わないにせよ、クリーンな方が似合っているような気がします。

IMG_9068.jpeg

これはショベルのブレーキローター専用シャローヘッドのヘックスボルト。必ず!純正を使います。

IMG_9069.jpeg

ロータースペーサーも磨いて手抜きは無し。

IMG_9070.jpeg

で、ローターやスプロケットを固定するボルトやナットを探します。

IMG_9071.jpeg

どれも微妙に足りないという、、ボルト+ナットで固定するショベルのスポークホイール自体扱う事がまず無いので、外したボルトがありません。7/16"-20の細目ナットがあと3個必要です。

IMG_9072.jpeg

まぁスプロケットボルトが3本無くてもリアエンドは組めますから、あとで装着するとします。交換するホイールのエンドプレイを計測。

IMG_9074.jpeg

前後しますがベアリングの状態は問題なかったのでそのまま使います。グリスアップだけ行いました。

IMG_9076.jpeg

当然ですがオイルシールは交換。一番厚みのあるシールでツライチで組み付け。ツライチが好きなんです。笑

IMG_9077.jpeg

グリスは適材適所に使い分け。

IMG_9078.jpeg

取り敢えずリアエンドを組みました。チェーン待ちとなります。

何故にわざわざスポークホイールに??と思いましたが、ようはアーリーショベルやパンの頃の雰囲気にしたいのではないかと思います。スポークにするだけでグッと古い感じに見えます。

スポークホイールだと70年代っぽいですが、キャストホイールだと80年代ですから。これは国産旧車でも同じだと思います。

IMG_9079.jpeg
関連記事

| Shovel Head | 18:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT