fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ショベルFLH / DR250S。

陽が射すとまだまだ暑いです。

IMG_8851.jpeg


本日まずはショベルFLHから。前後キャストホイールをスポークに交換したい、という事で、序でに15-16年間放置されていたスイングアーム回りをメンテナンス。

IMG_8852.jpeg

ピポット部分にはグリスニップルから限界までグリスが圧入されていましたのでシャフトの錆はありません。素直に抜けました。

IMG_8853.jpeg

IMG_8854.jpeg

スイングアームの角パイプ内部はご覧の通り剥がれ落ちた錆がパラパラと。

IMG_8855.jpeg

スチールリップのオイルシールが強固で、外すのはなかなか苦労しました。

IMG_8856.jpeg

「熊のウンコ並み」にグリスが出てきました。笑

IMG_8857.jpeg

ベアリングレースはご覧の通り。左右共に打跡だらけでした。

IMG_8858.jpeg

IMG_8859.jpeg

IMG_8860.jpeg

IMG_8861.jpeg

ピポットベアリングはショベル〜エボリューション時代のホイール用テーパーベアリングと同じなのですが、元祖アメリカ製のティムケンの他に、中国製や台湾製があります。当然ですが今回はMADE IN USAを使います。

なお交換するスポークホイールの年代が分かりませんのでオイルシールが手配出来ません。
ご存知のとおりオイルシールはキャストとスポークで違っていたり、年式によって厚みが異なります。この辺りがとても厄介です。

IMG_8862.jpeg

ショベルFLHとモトグッチがストップしたので取り敢えずDR。

IMG_8863.jpeg

デコンプ機能をやり直す為、もう一度ロッカーASSYを外すつもりでした。しかし、タペットを適正に調整すれば自ずとデコンプの”カマボコ型”が、ロッカーアームに当たる、という事が今更分かりました。お恥ずかしい限りデス。

IMG_8864.jpeg

序でに自分が一度でも触った箇所のボルトは出来る限り新品に交換します。こうしておけば何処を触ったのか一目瞭然ですし、何より少しづつでも綺麗になる訳で。当時の純正ボルトは黒染めでしたが、現在注文するとクロームメッキのボルトが届きます。

IMG_8865.jpeg

で、サクッと完成。

IMG_8866.jpeg

IMG_8867.jpeg

IMG_8869.jpeg

3時の休憩時間に近所のコンビニATMまでひとっ走り。偶にはオフ用のフルフェイス。

IMG_8870.jpeg

で、更に1分程走り、無人販売所に立ち寄り。

IMG_8873.jpeg

今日は販売所におっちゃんが居たのでイロイロオマケしてくれました。全部で800円。

IMG_8874.jpeg

夕方、鈴鹿のTSRさんに届けて頂いたのはピット作業時に敷くレーシングメンテナンスマット。世界耐久レース時でもお馴染みのマットです。

IMG_8876.jpeg

F.C.C. / TSR / HONDA FRANCE。格好良いです。当店でお取り寄せ可能です。

IMG_8877.jpeg

今日のところはこんな感じです。

IMG_8878.jpeg
関連記事

| Shovel Head | 16:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT