fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'76y CB750K6 キャブレター再セッティング。

今日は珍しく来客の多い一日でした。

IMG_7242.jpeg


IMG_7243.jpeg

IMG_7244.jpeg

IMG_7246.jpeg

パウダーコートの上がっていたボンネビルSPLスイングアームを組んでおきます。

IMG_7245.jpeg

完了。引取待ちとなります。

IMG_7247.jpeg

今日はCB750K4を進めるつもりでしたがなんとなく気分が乗らず中止。高山ツーリング以降放置してあったK6のキャブレターのセットを再度見直します。

IMG_7248.jpeg

メインジェットもパイロットジェットもかなりリッチに振っているのですが、何故だかスパークプラグは薄い。2次エアーは全く吸っていない為、変更出来るポイントは油面高さとニードルジェット。

IMG_7249.jpeg

そんな訳でキャブレターを外します。

IMG_7250.jpeg

IMG_7251.jpeg

実のところこの車両を入手してからニードルジェットは確認してませんでした。最初から普通に走ったので後で見直すかなぁ、という程度に考えておりました。

IMG_7252.jpeg

CB750Kシリーズのキャブレターはニードルジェットを交換するのは少し面倒です。まぁ慣れればどうって事はありませんが。

IMG_7253.jpeg

折角なので汚れたキャブボディも清掃。

IMG_7254.jpeg

ニードルジェットは"D17R"というものが入っていました。因みにキースターさんのCB750K用のニードルジェットは全く型番が違います。D17が"R"が入っていたので、更にリッチな"RR"をチョイス。良いか悪いかは装着してみないと分かりません。クリップ位置はまずは無難にC3。

IMG_7255.jpeg

IMG_7256.jpeg

折角なのでキャブレターバックプレートも外してクリーニングし、チョークリンケージもワイヤーブラシでささっと磨きました。

IMG_7257.jpeg

で、リカバリー完了。

IMG_7258.jpeg

ニードルを触って同時に油面も変えてしまうと、もうなにがなんやらさっぱり分からなくなる為、ここはぐっと我慢して油面は規定値26mmのままセットしています。四気筒エンジンのキャブレターを何度も何度も脱着するのは、流石に仕事でも嫌になります。

IMG_7259.jpeg

今日のところはキャブレターを戻すところまで。

IMG_7260.jpeg

キャブセッティングのベストが出るには、まだ少し時間がかかりそう、、

IMG_7262.jpeg

オマケの画像は此方↓

K6にK5の外装を載せてみました。K5とK6はほとんど同じようなものなのですが、この車両は”K1仕様”になっているのでヘッドライトステーやヘッドライトシェルがボディ同色にペイントされてしまっております。加えてテールランプもK0-K1の頃の一回り小さいものに変わっていますし、グラブバーもありません。

本来のK6の外観に戻すには最低でもその辺りを見直す必要があるので意外に手間がかかります。ゴールドの外装も悪くはないのでそのままでも良いのですが、性格的に、K6なら「完璧なK6」に戻したくなるのが当方の悪い癖で、、、、

戻すか戻さないか、相変わらずの自問自答を繰り返しています。。

IMG_7261.jpeg
関連記事

| Metric Bikes (JAPAN) | 21:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT