fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'74y CB750K4〜フロントエンドの作業。

桜が満開です。

R0003712.jpg


昨日は臨時休業を頂き、一日中自宅で静養しておりました。お陰で今日はスッキリ体調も戻った気がします。やはり人間適度に休まないと逆にペースが落ちてしまい裏に嵌っていく訳ですね。。

で本日。午後、H-Dディーラーさんへ部品を引き取りに行きがてら、エンジンオイルを交換したCB450K1に乗りました。序でに桑名駅前の煙草屋に寄ったのですが、今日はとても嬉しい事がありました。また機会をみてお話したいと思います。

R0003708.jpg

エンジンオイルを交換したら2速のギア抜けは解消しました。ウェットサンプエンジンだとオイルの銘柄や粘度でシフトタッチも変わります。今回入れたのはケンドルの鉱物油。

R0003709.jpg

桜が満開。ここ最近はずっと雨続きだったので、いきなり急に咲いたような印象があります。

R0003711.jpg

諸々の部品を引き取り。いつ注文したのか記憶に無い部品もありました。”国内在庫無し”でB/Oの場合、本当に忘れた頃にしか入って来ないのが現状です。

R0003713.jpg

R0003714.jpg

TC96 / TC95 2台のFXRはどちらも外注さんからの部品待ちでストップ。現状出来る作業もあるのですが、部品が届くと再度分解しなければならない箇所ばかりで二度手間。そんな訳で作業満載のCB750K4を進めます。

R0003715.jpg

本日はフロントエンド。走らせた訳では無いので問題があるのか無いのかさえ分かりませんが、全て目を通しておけば安心です。
アッパーステムベアリングのレースは打跡も無く非常に綺麗でした。グリスもしっかり残っています。

R0003716.jpg

R0003717.jpg

R0003718.jpg

フロントタイヤが巻き上げる泥跳ねで、シリンダーの前面が最も汚れます。フロントエンドが外れているとクリーニングし易いのでこのタイミングで掃除します。純正エキゾーストフランジのアダプターも一旦外します。

R0003719.jpg

R0003720.jpg

ステムのロアベアリングレースもチェック。全く問題無いので打ち替えしません。

R0003721.jpg

ステムシャフトに錆は一切ありません。まるで新品のようです。

R0003722.jpg

ロアステムは鋳鉄製なので放っておくと真っ赤に錆びます。で、黒錆転換剤で黒錆に変えておきます。

R0003723.jpg

シリンダーやヘッドのフィンを出来るだけ綺麗にします。

R0003724.jpg

少し時間が経つとご覧のとおり。化学反応して黒錆になります。半艶でパウダーコートしても良いのですが、今回は「当時の遣れた雰囲気」のまま仕上げると決めたので、むしろこの程度でOK。

R0003727.jpg

いつもはテーパーベアリングに打ち替える事が多いのですが、今回は敢えて純正のボールのまま、としました。グリスだけはオメガの一本8000円!もする最上級のグリスを使っています。

R0003728.jpg

R0003729.jpg

ヘッドライトステーがウインカーマウントのところで曲がっていたので中古良品に交換しようかと思っていたのですが、、

R0003730.jpg

なんだか形状が違います。右側のラバーブーツを保持する部分が付いている方がこの車両に付いていた部品。これだとフロントサスペンションを抜かない限りヘッドライトステーが外せないので不便極まりない訳ですが、もともとK4のものだと思うのでこちらを生かします。

R0003731.jpg

ヘッドライトステーの内側は車体に組んでしまうと掃除出来ないので錆び放題です。錆び取り剤で綺麗になり過ぎない程度に錆を除去します。上部が未処理、下部が錆び取り後。

R0003732.jpg

曲がったステーはハンマーで叩いて修正しました。この時代の単車は全てが金属で出来ているので板金すればどうにかなります。板金は得意ではありませんが、、

R0003733.jpg

メーター裏側のメッキカバーも錆びていたので適当な感じに磨きました。

R0003734.jpg

で、ようやくステムASSYが完成。

R0003735.jpg

ゴム部品も交換しなければならないような酷いものは無かったのでラバーグリスで油分を補ってから再使用しています。

この車両の何が一番良いかと言えば、変に素人がD.I.Y.で作業していない、というところ。逆車で最も多いのは、素人が訳も分からず弄り倒して最後にぶっ壊しているというパターン。何故にこのCBが変に触られていないかと言えば、それはもう当時からホンダの単車が壊れなかったから、という事に尽きると思います。

個人的な意見で言えば、国産メーカーの中でも当時からホンダは”抜きに出てる”完成度の高い車両を世に送り出していたと思ってます。

R0003736.jpg

続きます。

R0003737.jpg
関連記事

| Metric Bikes (JAPAN) | 22:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT