fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'95y FXDL〜フロントエンドのナロー化。

今日はとても暖かくて過ごし易い一日でした。

R0003329.jpg


今日の最高気温は13℃。風も無く穏やかで、単車に乗るには絶好の日和でした。明日はお休みを頂くつもりなので、時間が許せば単車で走ろうかと思ってます。

R0003328.jpg

で、本日の作業は'95y FXDL。やっぱりどうしてもナロー化したかったので作業開始。ワイドグライドだとどうしてもグワングワンと捻れるので本来の走りがスポイルされてしまいます。

R0003330.jpg

まずはガソリンドレン。負圧コックなのでタンクキャップから抜いています。ご多分に漏れずガソリン満タンという、、作業車両あるある。

R0003331.jpg

キャブレターはCV。店に転がっていたHSRに交換したいと思います。

R0003332.jpg

キャブレター回りはヘッドブリザーからの吹き返しで酷い汚れよう。タイミング的にはクリーニングが必要な時期なのでまぁ良かったのかも。

R0003333.jpg

R0003334.jpg

R0003335.jpg

メーカー不明のワイドグライドステム。配線がアッパーステムの穴を通してあるので抜き取らないとステムが外せません。

R0003336.jpg

純正ナローステムとの比較。メチャクチャワイドです。

R0003337.jpg

ステムベアリングは上下共に非常に良い状態だったので純正ナローステムにそのまま打ち替えました。たっぷりグリスも塗ってありしっかりメンテナンスしてありました。

R0003338.jpg

駄目駄目なのがこのライザー。内部が中空構造の為ライザーボルトセンターがズレます。何よりこの肉厚は非常に危険です。「知らぬが仏」で、オーナーは全く気がついていないと思います。

R0003339.jpg

ハンドルスイッチボックスを全バラしてもアッパーステムの穴を通せないし、フレーム側のスイッチボックスハーネスも経年劣化で硬化してしまっており、引っ張り抜くと壊れそう、、で、最後の手段、アッパーステムをぶった斬りました。

R0003340.jpg

綺麗に整形すればまた使えますが、もう使うことも無いので捨てます。

R0003341.jpg

ワイドグライド化して何がダメかと言えばこのブレーキローターをオフセットさせるスペーサーボス。強度が必要なので削り出しなのは良いのですが、兎に角重い。バネ下重量が増すので良い事なんてある訳がありません、

R0003342.jpg

R0003343.jpg

で、スカッとナローに変わりました。やはり純正ルックが一番しっくりきます。

R0003344.jpg

先程ライザーボルトセンターがズレる、と言ったのはこの事。駄目に決まってますよね。ライザーは交換しないと。

R0003345.jpg

キャブレターをHSRに交換。スロットルケーブルの内部ワイヤーが長すぎて、全開にしてもハーフまでしかキャブが開きません。何かしら純正スロットルケーブルは持っているので適当なものに交換したいと思います。

R0003347.jpg

いつものようにフレームを磨き、本日は此処迄。

R0003349.jpg

現在のフロントサスペンションは”転がし用”の仮部品です。ダウンチューブのパウダーコートが上がって来ないと車体を仕上げる事が出来ません。

R0003348.jpg
関連記事

| Big Twin | 22:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT