fc2ブログ

MARUMASU MOTOCLASSICA

2024 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

SE PRO 120R 作業開始。

GWの2日目はスクリーミンの120Rエンジンを作業します。

R0025519.jpg


まずはトップエンドを分解します。ロッカーベースのボルトが強化されていたり、ロッカーベースが鍛造になっていたりと高出力に対応させているのが分かります。流石です。

R0025524.jpg

R0025525.jpg

R0025526.jpg

R0025527.jpg

強力なデカさのインテークバルブとピストン。因みにこのMVAヘッドは使いません。

R0025529.jpg

R0025531.jpg

シリンダーを抜きました。このピストン、ショートストローク向きのデッキハイトがとても低いピストン形状をしています。しかしフラッタリングを起こさないようスカートが凄まじい形状になっています。またそのスカートにはケース側の専用ピストン・クーリングジェットを避けるように逃がし加工が施されています。はっきり言って、見ているだけでシビレるピストンです。今まで見たハーレー用のどのピストンよりも現代的なものです。

R0025532.jpg

クランク、コンロッド共に鍛造。H断面のコンロッドは表面が非常にスムースです。2気筒の2000cc近いエンジンを7000rpmオーバーまで回すという事はこういう事なのですねぇ。クランクの回りが今まで経験した事が無い程、恐ろしくスムーズに軽く回ります。全くアソビが無いにも関わらず、とても高い寸法精度で組まれている感触です。

釣り具メーカーのシマノに「ステラ」という超絶高性能で超高価なスピニングリールがあるのですが、そのハンドルを回した時の感触と、このクランクの回り方がそっくりだと直感的に感じました。まぁそんな事はどうでも良い訳ですが。。

・・・期待出来そうなエンジンです。

R0025533.jpg

こういった素晴らしいエンジンの内部を見ることなく、コンプリートモーターで車両に搭載してしまう事はとても勿体ないハナシです。このようなエンジンを作業できるという事は、メカニック冥利に尽きるというものです。

続いてはカム回りを作業します。
関連記事

| Engine Maintenance | 17:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT